3年以上の生死不明

3年以上の生死不明である場合は、もはや結婚生活は破綻したものとして離婚を認めています。生死不明とは、生存の証明も死亡の証明もできない状態のことで、所在が不明でも生存が確認されるときには生死不明とは認められません。3年起算点は、通常最後に音信があった時からになり、失踪後はすぐに警察に届出を提出しなければなりません。

では、生死不明の相手とはどのように離婚をすれば良いのでしょう?相手の生死がわからないということは、話し合いが基本となる協議離婚・調停離婚を利用することは当然ながらできません。ということは、離婚するには、残された配偶者が裁判所に訴えを起こし、離婚の判決を得なければなりません。裁判離婚を利用することになります。

離婚成立後、配偶者の生存が確認された場合

突如として生死不明となっていた配偶者の生存が確認された場合、すでになされた手続きは、どのように取り扱われることになるのでしょうか?
裁判離婚を利用していた場合、離婚自体の効力に影響が出ることはありません。すでに離婚は成立していますので、後から取り消しにすることができないのです。

トップボタン