離婚相談室ブログ

 

おはようございます。

4月に入っていい天気が続いていますね。

 

さて離婚協議書公正証書作成にあたって、考えるべき問題。

誰が離婚協議書公正証書の作成費用を払いますか。

ケースバイケースですが、

多くは、費用折半が多いですね。明確な規定はありませんので話し合いになります。

合意したことは離婚協議書公正証書の文面に誰が負担するか明記します。

費用折半が多いですが、相手方の経済状況や離婚に積極的な方とそうでない方によっては

一方が負担することもあります。

あわせて私のような専門家に依頼したときの費用負担も合わせて話し合いする項目になります。

 

細かい内容かもしれませんが、こういうことが合わさってくると大事なところに影響することもあります。

全て自分の要求が通るわけではありませんので、優先順位をつけて引くところは引いて、主張するところは主張する

これが離婚協議になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

トップボタン