離婚相談室ブログ

 

こんにちは、離婚専門行政書士の横倉です。

6月になりましたね、今日は気持ちよい天気ですね。

ジメジメした梅雨はできる限り短ければいいなぁと思います。

 

さて離婚協議書作成の相談に来られる方の中に、

「離婚調停は面倒なので、できれば協議で」

とおっしゃる方がいます。

言葉通りであれば、問題無さそうですが、これはケースバイケースです。

そもそも離婚に合意していますか。

きちんとフラットな話し合いができていますか。

 

離婚に消極的な方の場合、話し合っても無駄、拒否しても怒られる、言いたくも言えない

これでフラットな離婚協議できるのでしょうか。

それであれば離婚協議ではなく、調停の場で離婚について話し合ったほうがいいです。

弁護士を頼むかどうかは任意です。不安であれば頼んだほうがいいですし、相手方が弁護士を使う場合、こちらも弁護士を使うことをお勧めします。費用面でご不安かもしれませんが、法テラス利用可能な弁護士も紹介できます。

 

離婚に積極的な方の場合、相手方ときちんと話し合いできていますか。

離婚調停が面倒だから、話し合いでしようと思い過ぎていませんか。

 

確かに離婚調停は、家庭裁判所に1~2ヶ月に一度、行かなければならなく

遠方であったり、仕事を休んだり、子供を預けたりと面倒なことも多く、

時間もかかるのが現状です。

 

しかし一生のことです。

面倒だからといって、納得しないままやってしまうと後々後悔する事もあるのです。

最近ではそうした離婚調停の面倒な部分をできる限り廃除した

ADR離婚調停といった制度もできています。

 

相談者の方には、私はそうした面も考えています。

後に後悔するような事はあってほしくないので、調停をした方がいいケースは率直にお伝えします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

トップボタン