受付時間

10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)

tel:03-6809-4370 お問合せはこちら

不貞行為とは

不貞行為は、法律的には「配偶者のある者が、その自由意志に基づいて配偶者以外の者と性的関係を持つこと」を言います。つまり浮気なのですが、法律的には「肉体関係」「性交渉」が必要となります。

夫婦にはお互いに貞操義務を負わなければなりません。
この義務に反して、一方が婚姻関係外の異性との肉体関係を行った場合には、他方は配偶者の不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。

不貞行為を理由に離婚請求する場合には、請求する側が、配偶者と異性の愛人との「性行為を確認ないし、推認できる証拠」を立証しなければなりません。
当相談室では、浮気調査に強く、良心的な探偵調査会社と提携しておりますのでお気軽にご相談ください。(紹介無料)

有責配偶者からの離婚請求は?

原則として、有責配偶者(不貞行為をした側)からの離婚請求は認められません。
特に夫婦間に未成年の子供がいたり、離婚後に相手方が経済的に厳しい状況に置かれる可能性がある場合などには、離婚請求は認められていません。

但し、別居期間が同居期間より長期であるとか、子供が独立して生計を立てているなど、既に夫婦としても実体が無く、婚姻関係の回復の見込みの無い場合には離婚請求を一定の枠内で認める判例もでています。

法的には有責配偶者からの離婚請求は厳しいですが、実際はお互いが合意すれば慰謝料を支払うという形で協議離婚が成立することが多く、その際に離婚協議書に記載することで支払いを確保することが可能となりますので、慰謝料を伴う離婚協議書の作成は離婚専門の当相談室まで気軽にご相談ください。

トップボタン