戸籍と姓とは

婚姻によって姓が夫の姓になっていた場合、妻は離婚すると婚姻前に姓に戻ります。また離婚届には、元の戸籍に戻るか新しい戸籍を作るかを記載する欄があります。子どもがいて親権者が妻の場合、妻が新しい戸籍を作り、子どもがその新しい戸籍に入ることが一般的に多いようです。
*戸籍の筆頭者でない方の離婚後の戸籍ですが、両親がすでに亡くなっている場合、元の戸籍には戻れないので新しい戸籍を作ることになります。

また婚姻中の姓を使いたいときは、離婚後3ヶ月以内に本籍地又は住所地の市区町村役場に届出(離婚の際に称していた氏を称する届出)することで、婚姻中の姓を名乗ることができます。因みに夫又は妻の承諾は不要です。
*一旦姓を変更すると、また戻したいと思っていても届出は変更できず、家庭裁判所の許可が必要となります。許可が出れば、変更手続きは役所に行います。

子どもの戸籍と姓

離婚しても子どもの戸籍はそのまま変わりません。親権者である妻が離婚して新しい戸籍を作ったとしても残念ながら自動的に移るものではありません。子どもの氏の変更許可の申し立てと入籍届が必要になります。
*親権者である妻が婚姻中の姓を名乗り、新しい戸籍を作った場合でも、子どもの氏の変更許可の申し立ては必要なので注意してください。

子どもの姓を変更し、同じ戸籍にするには

1.自分を筆頭者とする新しい戸籍を作ります。

2.子どもの住所地を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可の申立書を提出します。 子どもが15歳未満の場合・・・母親(親権者)
子どもが15歳以上の場合・・・子ども本人
が申立てをします。

3.家庭裁判所から変更許可が認められれば、許可審判書の謄本をもらい、同籍する旨の入籍届(役所で入手)と一緒に市区町村役場に提出します。

離婚協議書公正証書に関連する他のページ

トップボタン