慰謝料とは

離婚における慰謝料とは、精神的損害に対する賠償で、不貞や暴力などの離婚原因を作った側から支払われる賠償金の事を言います。
性格の不一致や価値観の相違などの責任がどちらにあるともいえない場合は、慰謝料は発生しません。
また、不倫相手に対する慰謝料請求は可能です。

慰謝料額は、苦痛の程度を金額に置き換えるのは難しい事です。そのため明確な基準はありません。
判例によると、慰謝料は平均100~300万円、高額な場合でも500万円といったところです。実際に話し合いで決める場合には相手方の支払能力によって左右されます。

*裁判所で慰謝料額を算定に考慮される大きな要因として、

  • 離婚原因についての責任が、相手方にどれだけあるか
  • 婚姻期間
  • 相手の経済状況はどうか

その他、未成年の子どもの有無、請求者の経済的状況などの様々要因を考慮して慰謝料の額が決まります。

慰謝料は離婚時にその取り決めをしなくても離婚して3年以内であれば請求することができます。
慰謝料が発生する場合、後のトラブルを防ぐためにも離婚時に金額・支払方法・期限について取り決めをして、決めた内容を離婚公正証書にすることをお勧めします。

慰謝料の作成例

第〇条   *甲が夫、乙が妻とする
甲及び乙は、慰謝料について以下の通り合意した。
甲は、乙に対し、精神的苦痛に対する慰謝料として、金○○万の支払い義務があることを認め、○○年○月までに支払う。

離婚協議書公正証書に関連する他のページ

トップボタン