悪意の遺棄とは

悪意の遺棄

民法には、夫婦として一緒に住む同居義務、ともに協力して家庭築く協力義務、配偶者を養い補助する扶助義務があります。これらの義務を故意に違反することで、相手が困ると分かった上で、自分勝手な行動することです。

具体的には

  • ・生活が困窮するのに生活費を渡さない
  • ・家族を無視して勝手に別居して戻って来ない
  • ・専業主婦が正当な理由もなく家事を全くしない

一方で該当しない場合は

  • ・仕事の関係、配偶者の暴力、妊娠出産など、正当と認められる原因がある場合の別居
  • ・夫婦関係調整のための別居
  • ・失業中や病気などの健康上の理由から働けない場合
  • ・病気などの健康上の理由から家事が出来ない場合

離婚を前提とした別居をすると、トラブルが多く見受けられます。特に生活費と子供がいる場合の面会です。つい感情的になって別居して、生活費が入らなければたちまち苦しい生活になってしまい、また子どもの年齢にもよりますが親との別れは辛いものとなり、精神的に不安定になってしまいます。そうした不安を取り除く上で、別居の際に取り交わす別居合意書を薦めています。当相談室では、別居合意書の作成サポートしておりますので気軽にご相談ください。

トップボタン