婚姻を継続し難い重大な事由とは

夫婦関係が完全に破たんし、もはや回復する見込みすらもないような場合、婚姻を継続し難い重大な事由があるとして、法定離婚原因になることが認められています。とはいえ、どのような事由が婚姻を継続し難いほどになるのかは内容も幅広く、限定されていません。よって、裁判ではこういった場合に婚姻を継続し難い重大な事由に該当する、といった明確な判断基準はありません。夫婦それぞれの事情にかんがみ、裁判官が最終的な判断をすることになっています。

性格の不一致

現在における離婚の原因としてもっとも多いのが「性格の不一致」です。しかし、単なる性格の不一致だけでは、法定離婚原因としては認められていません。

夫婦とは、生まれも育った環境も違う男女が、自分と違う相手の性格に惹かれて結婚したりするわけですから、多少不一致があるのはむしろ当然のことです。従って、性格の不一致と言えば、いつでも離婚できるわけではありません。しかし、性格の不一致が理由となり、あまりにも重度な精神的な苦痛が生じているなど、第三者目線からも、とても円満な夫婦関係が期待されないような場合は、性格の不一致による離婚が認められることもあります。

性交拒否・性的異常

性交拒否や性的異常といった、いわゆる性の不一致というのは、原則として法定離婚原因にはなり得ません。しかし、あまりにも長期間に渡って性交の拒否が続いた結果、夫婦の愛情が損なわれてしまったり、通常の性交渉とは言い難い、著しく逸脱した異常性欲などが見られたような場合においては、過去に法定離婚原因として認められたケースもありました。
ただし、こうした性の問題については、他人に説明するのは非常に難しく、またあまりにプライベートな内容となりますので、証拠として提出するには綿密な準備が必要と言えます。

DVといった暴力行為

家庭内での暴力行為・虐待は、婚姻を継続し難い重大な事由として代表的なものです。例えたった一回の暴力であっても、怪我の具合、動機やその他の言動からみて、離婚原因となることもあります。

もちろん暴力行為も程度問題で、喧嘩のはずみ程度では離婚原因として認められません。暴力を振るった方と振るわれた方では受け止め方が違いますが、顔が腫れ上がる、体のアザが絶えない、鼻血が飛ぶ、また酒乱で酒癖が悪く、子供にも手をあげるなど、ある程度繰り返されれば離婚原因として認められている例は多くあります。暴力は夫婦生活の悪の典型となることは明らかで、裁判の判決でも暴力を振るう配偶者には厳しい傾向がうかがえます。相手の暴力によって破損した物や破られた衣類、散乱した部屋の様子は写真に撮り、怪我をした場合は、証拠として医師の診断書等で事実を証明することが必要となります。

離婚原因となるのは身体に対する暴力だけではなく、言葉による暴言、性的な暴力、侮辱、脅迫、威嚇、また配偶者に対して思いやりといった消極的な態度も含まれることもあります。いわゆるモラルハラスメントと言われるものです。
これも程度問題で喧嘩のはずみで言った程度では、離婚は認められません。ある程度繰り返されて、その為愛情を失い、もやは元に戻る余地がないほど破綻してしまったと判断される場合は、離婚請求が認められます。

上記以外にも様々なケースがあるが・・・

もちろん、上記以外にも様々なケースが離婚原因として認められてきました。しかし、いずれも裁判にて主張をするには証拠づくりをしなければなりません。特に婚姻を継続し難い重大な事由を原因として離婚請求をする場合、いかに婚姻を継続し難いのかといった事情を他人に理解してもらわなければならないのです。
当相談室では、カウンセラー資格を持つ行政書士が心のケアと法律で様々な悩みを抱えている相談者をサポートし、将来トラブルにならないよう離婚協議書を作成サポートします。

トップボタン