離婚協議書

協議離婚の場合、お互いに約束したことを何も形にしないまま離婚届を出して終了することが多いようです。つまり口約束。その場で支払うようなものはいいかもしれませんが、例えば養育費や面会交流といったり今後も継続するものについては記憶が曖昧になったり、解釈がお互いに違ったり、離婚後の環境の変化により約束することが困難になってしまうことが多く見受けられます。
離婚時に決めたことを形にするのが離婚協議書です。離婚協議書は作成の日付と夫婦双方の署名捺印が有れば法的効力が備わり、お互いの約束が明確になり、約束を守ることへの後押しになります。
ネットや本では離婚協議書の見本が数多く存在します。しかしこれは見本です。離婚協議書は夫婦それぞれに特有の事情があり、見本だけで作成しようと後でトラブルになる可能性があります。当相談室では、これまで数多くの夫婦・離婚問題の実績をもとにオーダーメイドの離婚協議書を作成させていただきます。

離婚公正証書との違い

離婚協議書には、強制執行力がありません。離婚後支払いが長く継続する養育費などがある場合に向かず、離婚時にお金の支払いが全て終了するものに向いています。

離婚協議書のメリット・デメリット

離婚協議書のメリット

  • ・口約束がうやむやにならず、言った言わないの水掛け論防止が可能。
  • ・専門家が介入せず、夫婦のみで作成する場合は費用がかからない。
  • ・時間がかからない。

離婚協議書のデメリット

  • ・専門家が介入しない場合、内容に不備があれば無効になる可能性がある。
  • ・偽造、紛失又は汚損の可能性がある。

離婚協議書は何よりも協議さえまとまれば、時間的に早く作成できて、さらに費用がかからないというのが大きなメリットになります。

しかし、その時間がかからないことと、費用がかからないということに重点を置いてしまって、内容に不備があれば無効になってしまうということが実際にあります。

専門家に依頼した場合は内容に不備があるということは基本的にはないのですが、相手の偽造や改ざんの可能性は否定できません。

また、もし相手から一方的に離婚協議書を提示された場合は、安易にハンコを押すことはせずに、専門家に確認してもらいましょう。

離婚協議書公正証書に関連する他のページ

トップボタン