離婚協議書 公正証書の費用

離婚協議書公正証書作成サポートをお勧めする方

・養育費など離婚後も継続して支払いの取り決めがある方
・口約束だけでは不安に思っている方
・相手から一方的に離婚公正証書案を送られてきて、どう対応していいか困っている方
・約束を守らせるために確実に、後にトラブルにならないよう、法的効力がある書面にしたい方

費用  60,000円~
*作成内容・分量・難易度によって金額は異なりますが、多くは6~8万円程度です。
*税別
*ご夫婦のどちらか若しくは両方が公証役場に出向くことができない場合、代理人として署名可、1名につき別途10,000円(税別)かかります。

サポート内容
〇離婚協議書公正証書案の作成
〇署名捺印するまで修正可能
〇公証役場の公証人とのすり合わせ、予約
〇公証役場まで同行、立会い

その他、公正証書に作成するに当たり、別途公証役場への手数が必要となります。

目的の価額 公証役場への手数料
100万円以下 5,000円
100万円を超え200万円以下 7,000円
200万円を超え500万円以下 11,000円
500万円を超え1000万円以下 17,000円
1000万円を超え3000万円以下 23,000円
3000万円を超え5000円万以下 29,000円
5000万円を超え1億円以下 43,000円

*目的の価額の算出例

養育費:毎月6万円
慰謝料:300万円
財産分与:2800万円の場合
養育費などの定額給付は支払期間が最長10年までとして算出します。
養育費の価額 6万円/月×12ヶ月×10年=720万円。
720万円は上記図表で、17,000円の手数料
慰謝料300万+財産分与2800万=3100万円 。
3100万円は上記図表で、29,000円の手数料
手数料合計は、17,000円+29,000円=46,000円となります。

離婚協議書の費用

離婚協議書作成サポートをお勧めする方

・養育費など離婚後も継続して支払いの取り決めがない方
・子供がいない方
・結婚して間もない方
・口約束だけでは不安に思っている方
・約束を守るために書面化にしたい方

費用  45,000円~
*作成内容・分量・難易度によって金額は異なりますが、多くは4.5~6万円程度です。
*税別

サポート内容
〇離婚協議書案の作成
〇署名捺印するまで修正可能

離婚協議書公正証書に関連する他のページ

トップボタン