受付時間

10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)

tel:03-6809-4370 お問合せはこちら

離婚の流れと種類

離婚成立までの主な流れ

離婚成立までの主な流れ

離婚の種類

離婚の解決方法には、主に協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3種類あり、離婚される方の約90%協議離婚約9%調停離婚約1%裁判離婚という割合になっています。

1.協議離婚

協議離婚とは、夫婦間の話し合いによって離婚に合意するもので、離婚届を市区町村役場に提出することで成立します。
離婚原因は不要で、時間や費用を節約できることから簡単な離婚方法と言えます。
但し、未成年の子どもがいる場合には、父母のどちらかが親権者になるのか、決めておかなければならす、離婚届に親権者の記載がないと受理されません。

協議離婚は夫婦間の合意さえあれば、時間や費用をかけずに成立できるメリットがある一方で、慰謝料や財産分与、養育費などの条件について十分な話し合いがなされないまま離婚してしまうことで後々トラブルになってしまうデメリットがあります。
後々のトラブルを防止する為にも、離婚の際に取り決めた内容を離婚協議書や離婚公正証書にする必要があります。

2.調停離婚

調停離婚とは、夫婦間で協議離婚に合意できない場合(離婚への合意が得られていない、慰謝料・親権・養育費などの離婚条件で折り合わない)に、家庭裁判所に離婚調停を申し立てます。
調停において離婚に関するあらゆる問題について合意すれば、調停離婚が成立します。
*離婚の場合、すぐに裁判ではなく、まず調停において解決することが求められています。(調停前置主義)

調停離婚の主な流れ

  1. 調停の申立て
  2. 調停期日に出頭して、調停委員を交えて話し合い
  3. 離婚・離婚条件の合意
  4. 調停調書作成
  5. 調停調書・離婚届を提出
  6. 調停離婚成立

調停委員が、中立の立場でお互いの主張を聞いてくれるので冷静な話し合いができたり、離婚に合意した場合に作成される調停調書に強制力が備わるメリットがある一方で、最終的に夫婦の合意がなければ離婚が成立できないデメリットがあります。

3.審判離婚

審判離婚とは、調停離婚で合意が得られなかった場合、家庭裁判所の審判で離婚を成立させることです。
しかし、審判告知の日から2週間以内に異議の申し立てがあると審判の効力は失われるので、現在ではあまり活用されていません。

4.裁判離婚

裁判離婚とは、夫婦での協議がまとまらず、離婚調停が不調に終わった場合、離婚を求めて家庭裁判所に訴訟を起こし、離婚が認められれば、判決によって強制的に離婚を成立させることです。
夫婦の合意がなくても離婚が成立でき、判決に強制力が備わるメリットがある一方で、費用や時間、精神的に大きな負担がかかるデメリットがあります。

また裁判離婚は、どのような場合も訴訟を起こせるわけではなく、民法規定の離婚事由に1つ以上該当しなければなりません。

  • (1)不貞行為
  • (2)悪意の遺棄
  • (3)3年以上の生死不明
  • (4)回復の見込みがない強度の精神病
  • (5)その他の婚姻を継続したがい重大な事由

5.和解離婚

和解離婚とは、離婚裁判の過程で裁判官から和解の提案がなされることがあり、この提案を受けて夫婦で話し合い、離婚に合意すれば、判決を待たず離婚を成立させることです。

トップボタン