初めての方へ

初めまして、カウンセラー行政書士の横倉肇です。
当サイトにお越し頂きありがとうございます。

当相談室では、気軽にご利用頂けるよう、話しやすい雰囲気を心がけています。
まずは話すことであなたの心を少しでも楽にしてみませんか?日々のストレスやこれからの不安を取り除くことが、あなたにとっての一歩となります。
また「こんなこと聞いてもいいのかな?」「まだ相談する段階ではないのかな?」
と躊躇される方がいます。専門家に相談するタイミングが遅くなると事態が悪化することもございますので、あれこれ悩む前に是非ご相談下さい。

カウンセラー行政書士とは

NPO法人日本家族問題相談連盟認定の夫婦問題カウンセラーの資格を持つ行政書士です。

夫婦問題カウンセラーは、別名「離婚カウンセラー」とも言われていますが、安易に離婚を推し進める事はなく、様々な問題や悩みを抱えている相談者の立場で受け止め、将来の幸せのために最善な方法を一緒に導き出し、新しいスタートをサポートするカウンセラーです。

行政書士は、他人の報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並・提出手続代理・相談、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成や相談を行う国家資格者です。
堅い表現で分かりにくい所もありますが、以前に「カバチタレ」「特上カバチ!」といった行政書士が活躍するドラマが放映されていこともあり、何となく行政書士のイメージがある方もいらっしゃると思います。

行政書士は、大きく2つの特徴があります。

1.街の法律家

一般的に弁護士は「敷居が高い」「費用が高い」などの理由で気軽に相談しにくいとよく聞きます。行政書士が街の法律家と言われるのは、弁護士に比べて数が多い事もありますが、ちょっとした法的アドバイスが欲しい時に気軽に相談できる身近な存在であると思います。

2.予防法務の専門家

行政書士は書類作成の専門家と言われる理由として、将来においてトラブルが発生しないよう、あるいは万一法的トラブルが生じた場合の損失を最小限に止めるため、事前に法的措置をとってトラブル発生を予防に努めます。

カウンセラー行政書士を志した経緯

私は幼少期の頃より、家族や夫婦が仲良しで、何気ない日常を送れることが当たり前のように感じていました。しかしながら、時代の流れと共に家族観・結婚観・夫婦観といった価値観が多様化する中で、残念ながら離婚件数は増加しているのが現状です。

私が以前、不動産会社に従事し任意売却を中心とした法人・個人の仲介業務に携わっていた頃、自宅の任意売却相談をされていたお客様の中には、経済的に苦しい状況下でも一つになって乗り越えようとされていた家族がある一方で、色々な問題が夫婦の離婚に繋がり子ども達も含め家族がバラバラになってしまったケースもたくさんありました。当時の自分は、不動産問題の解決でしか対応できず、目の前に困っている人や悩んでいる人の為に、もっと自分にできることはないのかと思い悩んでいました。

そこで、もう一度自分の仕事の原点である「人の役に立つ仕事をしていきたい」を思い返し、たどり着いたのが人の気持ちに寄り添えるカウンセラーと法律面をサポートできる行政書士の仕事でした。

夫婦・離婚問題は単なる手続きの問題ではなく、相談者の精神的負担を伴います。
カウンセラー行政書士として相談者のこれからの幸せを一番に、総合的・継続的なサポートを行っております。

トップボタン