離婚協議するにあたって相談したい


開業以来、当相談室は当サイトを通じて多くのご相談者様のご相談に対応してまいりました。離婚に際し、どのタイミングでご相談にお越しになられるか、ケースバイケースですがその中で「離婚協議する方」に向けてご案内します。


離婚協議する方の多くは、

「離婚に向けて何をどうすればいいか分からない」
「離婚に際し、相手にどう話していいかわからない」
「親権は?養育費は?財産分与は?面会交渉は?慰謝料は?一般的な基準が分からない」
「相手から離婚条件が提案されたが、これが正しいかどうかわからない」
「事情があって先に離婚届を出してしまったけど、
条件についてきちんと取り決めしていない」    など

初めて経験する離婚に際し、様々な不安を抱えています。
これが本当に正しいのか確認したい気持ちもありますし、そもそも相手にどう話していいかわからず不安な日々を送っている方もいらっしゃいます。


まず離婚に際し、考えなければならない親権・養育費・財産分与・面会交渉・慰謝料・年金分割を項目ごとに整理しましたのでご確認ください。

親権 養育費 面接交渉
財産分与 慰謝料 年金分割

離婚に際し、「離婚さえできれば相手のことはどうでもいい」より「円満離婚」を考えている方が多いと思います。当相談室に相談に来られる方も円満離婚を希望されます。

なぜ円満離婚を希望するのでしょうか。多くの方は長期間互いを攻撃し、傷つけあう泥沼離婚を避けようとします。精神的負担も大きいですし、長期間争うことでその間、次のステップにも行けず、踏みとどまってしまいます。

では円満離婚とはどういう意味でしょうか。
端的に言えば、「お互いが納得できる条件で離婚する」
ご夫婦の離婚は千差万別です。同じものはありません。円満離婚をするためには、一般的な基準を踏まえた上で、ご夫婦に合った納得できる条件でない限り離婚できません。
例えば、あなたの不倫が原因で離婚となったとします。離婚したいのは、あなたです。一方相手はしぶしぶ離婚です。その中で養育費について、一般的な基準として使用される養育費算定表があります。相手はこの算定表基準での養育費に納得ができません。子供のことを思えば増額を希望しています。この場合、あなたはあくまで算定表通りの養育費しか払いませんか。

当相談室では、ご夫婦の離婚原因の把握、現在の状況と今後見通しを分析した上で、そのご夫婦に合った離婚条件をご提案します。

円満離婚カウンセリング(60~90分) 6000円(税別)

*2回目以降も面談1回につき、6000円(税別)
*正式にご依頼頂ければ、円満離婚カウンセリング費用は作成費用に充当させて頂きます。
 Ex.面談1回目で正式に離婚公正証書作成をご依頼頂ければ
  6000円+(67000円―6000円)=67000円(税別)

また離婚協議中はその人にとって濃密な時間となり、体感的に時間がたつのが遅く、精神的なサポートを必要とするケースがあります。その為カウンセラー資格を取得し、心のケアと法律で相談解決することを当相談室のポリシーとして以下のサポートもご案内しております。

円満離婚サポート 120,000円(税別)
*サポート期間6ヶ月。延長の場合、要相談。
*サポート期間中は電話・メール・面談何度でも相談可。
*離婚公正証書作成費用も含まれています。
*業務開始時に60000円、離婚公正証書作成時に60000円の支払いとなります。

円満離婚サポートは、「これから離婚協議する方で、継続的なサポートが必要と思われる方」
「現在離婚協議中で、どう進めていいかわからない方」にお勧めしております。


「相談者の気持ちに寄り添うサポート」を提供しています。

離婚に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。
対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
      
その他要相談

tel:03-6809-4370

Webからのお問い合わせはこちらから

お問合せはこちら
トップボタン