相談解決事例

相談解決事例①「離婚後も自宅に住み続けたい」
離婚公正証書作成+代理人署名捺印+離婚後も自宅居住

  相談者

30代女性 東京都

  相談内容

現在夫は自宅を出て別居し、自宅には私と子供2人がいる状態ですが、子どものことや経済的事情を考えるとできれば離婚後も自宅に住み続けられるようにしたい。あと夫は仕事が忙しく、公証役場にいけないので代理をお願いしたいという相談。

  サポート内容

財産分与以外はほぼ合意していたので、自宅不動産の財産分与の扱いについて妻からのヒアリングに基づいて文案を作成。自宅名義も住宅ローン名義も夫だったので、夫の負担を考慮して夫からの理解を得られやすい提案に納得して頂き、公証役場にいけない夫と直接お会いして代理人手続きを行い、無事と相談者と一緒に公証役場にて離婚協議書公正証書に署名捺印を行いました。

  解決ポイント

相談者の気持ちを考慮し、自宅を売却して財産分与として分けるだけではなく、離婚後の生活にも考慮した離婚協議書公正証書を作成にすることで相談者、その子どもたちが安心して住み続けることができるようになりました。


相談解決事例
トップボタン