相談解決事例

相談解決事例⑤「不倫発覚、離婚はしないので二度不倫しないよう作成して欲しい」
夫婦間合意書公正証書の作成

  相談者

40代女性 東京都

  相談内容

夫の不倫が発覚。離婚も視野に考えたが、小さいお子さんがいる為、離婚ができず、離婚を踏みとどまることに。しかしこんな辛い想いはしたくないので法的に意味のある書面を作成して欲しいというご相談。

  サポート内容

自分で作成した書面で不倫を認めていても後で無理やり書かされたとか言われる余地を残しますので法的意味のある公正証書を作成。事実関係・謝罪・慰謝料・不倫相手との今後のかかわり・今後の約束・ペナルティーを確認し、公証役場まで同行して夫婦で公正証書に署名捺印を行いました。

  解決ポイント

不倫があったことは残念なことですが、感情的になって離婚するよりもお子さんのことを考え、離婚を踏みとどまった相談者のために、法的意味のある公正証書で書面化したことで、万一約束を破ったとしても有利な条件で離婚することができ、また公正証書をきっかけに夫婦間を見つめなおし、夫婦関係の再構築のきっかけになってもらえればと思います。
夫婦間合意書について詳しくはこちら


相談解決事例
トップボタン