婚姻費用とは

夫婦が結婚生活を送るために必要な費用のことをいいます。従って婚姻費用の分担は婚姻期間の問題であって、離婚後は養育費として考えることになります。

夫婦のどちらかが家を出て別居状態になったり、同居しても生活費を渡さない場合に婚姻費用分担の請求が可能となりますが、起算点は婚姻費用の請求を相手方にしたり、申し立て時となることが多いので婚姻費用の支払いがない場合は直ちに申し立てを行う必要があります。

夫婦の一方だけが収入を得ている場合には、その者だけが全額負担することになります。夫と妻の双方が働いて収入を得ている場合には、夫と妻の話し合いの結果や収入比などによって婚姻費用を分担して負担することになります。婚姻費用分担義務は、原則として、別居解消時又は離婚が成立するまで負わなければなりません。

なお金額については、家庭裁判所において、婚姻費用の算定をする際に参考として利用している資料があります。離婚調停などでもこの婚姻費用算定表に基づき話し合いが進められます。

婚姻費用算定表はこちら(裁判所Webサイト/PDF)

「相談者の気持ちに寄り添うサポート」を提供しています。

離婚に関するお悩み、お気軽にご相談ください
受付時間
10:00~19:00 (月~金)
10:00~17:00 (土)

日曜・祝日・夜間もご相談が可能です。
※事前にご相談ください。
対応エリア:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県
      
その他要相談

tel:03-6809-4370

Webからのお問い合わせはこちらから

お問合せはこちら
トップボタン