男性が離婚後の不安を解消して円満離婚するためには

男性が離婚後の不安を解消して円満離婚するためには
相手の不安を把握することです。
不安要素は主に2つです。

①養育費を最後まで払ってくれるのかな?

ある統計では、母子家庭の約2割しか養育費を継続してもらっていないようです。つまり母子家庭の8割が養育費を継続して払っていないということになります。女性相談者の多くは養育費を払い続けてくれるかどうか不安を感じています。この原因は養育費の支払いについて離婚協議書公正証書にしないまま離婚が成立し、養育費の支払いがうやむやになってしまうことにあります。これを解消するには、離婚協議書公正証書を作成して、その中に強制執行認諾の条項を入れることが必要となります。つまり養育費が未払いになった際に、一定の手続きを経て給与に差押することが可能になります。

また養育費の金額に不安を感じる女性相談者もいらっしゃいます。養育費は養育費算定表を目安に金額を決めることが多いですが、意外と少ないと思われる女性がいらっしゃいます。これを解消するには、養育費以外に、入学金・授業料・病気などの特別の出費に関して支払う意志を示し、離婚協議書公正証書にその旨を入れておくことで女性に安心感を与えられます。

②離婚後の住まい

実家に戻る場合は関係ありませんが、女性の経済力に不安がある場合、離婚後の住まいに不安を感じる女性は多くいらっしゃいます。特にお子さんがいらっしゃる場合、男性同様フルタイムで働くことが難しいため、不安を感じるのは当然のことです。離婚後の住まいについてどこまでサポートするかは義務ではありませんが、過去に行った例では、現在住む自宅に期限付きで住めるようにしたり、自宅を財産分与として売却した後に住む新居の賃貸契約の名義人になってもらったことがあります。(この場合、家賃は女性が負担しています)

離婚に際し、女性が何に不安を感じているかはケースバイケースですが、不安を把握し、それを出来る限り解消してあげることで、今度はあなたが不安に感じていることを相手が理解を示し、解消することで円満離婚に繋がることと思います。

トップボタン