離婚協議書公正証書に記載する面会交流(面接交渉)

面会交流(面接交渉)

面会交流(面接交渉)は、離婚後、親権者や監護者にならなかった親、婚姻中だが別居をしていて子どもに会えていない親に会わすことです。
面会交流を認める基準は、子どもの福祉と利益です。別れた親との交流が子どもにとって有益であれば、それを拒否することはできません。また子どもに暴力をふるう恐れがある場合、子どもが会うことを拒否する場合は認められていませんし、面会して悪影響がある場合は面会の回数を減らしたり、時間や場所を指定したり、制限することも可能です。

具体的な取り決めとして

  • 子どもと会う回数と時間
  • 子どもを受け渡す場所や連絡方法
  • 宿泊の可否
  • 電話やメールなどしてよいか
  • 学校行事への参加の可否

など、細かい取り決めが多くなることもありますので、後のトラブルを防ぐためにも親権や養育費と一緒に決めておき、離婚協議書離婚公正証書などの書面にしておくことをお勧めします。

面会交流の作成例

第〇条  *甲が夫、乙が妻とする
甲は乙に対して、1ヶ月に1回以上、丙及び丁と面会交流を認めるものとする。
2.面会の具体的日時、場所、方法等は丙及び丁の福祉を尊重して、当事者間で協議して定める。

*ご注意
作成例はあくまで一般的なものですので、ご利用になられても個別に解決するものではありません。またご利用されたことによる損害は、当相談室では一切の責任は負うことはできません。あらかじめご了承ください。

離婚協議書公正証書に関連する他のページ

トップボタン